アイコン 旗の話なんかする必要はまったくない・1

 

 

正論です。

きょうは、フェイスブックから上間裏 アキヒコさんの投稿を紹介します。

スポンサード リンク

上間裏 アキヒコ
https://www.facebook.com/jyomaura

【旗の話なんかする必要はまったくない・1 】

「日韓を引き裂く旭日旗の呪縛」

このニューズウィーク記事、タイトルからすでに誘導がはじまっていますね。

重要なことですが今回の件は、「旭日旗」という旗そのものの問題ではありません。

「反日ならば何でも飛びつき、世論沸騰させ、ついには国家間問題にまで発展させてしまう」
韓国という国家の体質こそが問題なのです。

普通に記憶力のある方なら誰でも、この件が6年前、アホな韓国サッカー選手が、日本人を侮辱して「サルのものまね」をして非難され、苦し紛れに「観客席に旭日旗が見えたから」と、言い訳をしたことが発端だったと覚えています。

まあサッカー選手ごときが何をゆうたとしても、普通は次の段階で、「バカを言うな!」と、常識のブレーキが働いて、その選手が批判され、問題はあっさりと終結するものなのです。

ところが韓国という国ではそうはいかない。

「苦し紛れの言い訳」が大々的に報道され、いつの間にやら「戦犯旗」という言葉も登場。

ついには軍事交流を阻む要因にまでなってしまう。

そういうノーブレーキな体質こそが問題なのです。

だから日本側が「旭日旗はそもそもどんな旗か?」説明する自体がまったく無意味です。

そんなことしてやる必要はどこにもないのです。

その歴史や軍との関係、太陽信仰など、細かく説明しても何の意味もないし、むしろ向こうの思う壺。

「旭日旗=戦犯旗」の論議に乗せられてします。

そもそも「何でもよい」のですからね。

道端の石ころだって反日のタネになるんですよ。

「旭日旗」が日韓を引き裂いているのではない。

韓国の極端な体質が、関係を壊しているのです。

だからこの記事はタイトルからして誘導だし、記事で語られる南部連合旗とかね、「旗をめぐるナショナリズム」とかね、すべて日本人を「旗論議」に、もっともらしく誘導するための道具立てなんです。

このグレン・カールってライター、元CIAって触れ込みだけど、もう100%反日誘導です。

こういうアメリカ人だって普通にいるんですよ。

そこが気をつけないといけないところです。

1015_07.jpg

ニューズウィーク記事
「日韓を引き裂く旭日旗の呪縛」
https://www.newsweekjapan.jp/glenn/2018/10/post-14.php

スポンサード リンク
[ 2018年10月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ