アイコン 都の浄水場管理で談合か/公取委立入検査 水ing、月島テクノメ、石垣メ、日本メ

 

 

公正取引委員会は、東京都水道局が発注した浄水場の運転管理業務をめぐり、談合を繰り返していた疑いがあるとして、水処理会社の「水ing」「月島テクノメンテサービス」「石垣メンテナンス」、「日本メンテナスエンジニヤリング」の4社を立入検査した。

各社は東京都水道局が発注した金町浄水場や東村山浄水場など7つの浄水場の運転管理業務をめぐり、談合を繰り返していたとして、独占禁止法違反の疑いがあるという。

水道局が発注したこれらの浄水場の運転管理業務の総額は年間6億円余りに上っているが、各社は「見積もり合わせ」を行う前に価格などを協議し、事前に受注業者を決めていた疑いがあるという。

以上、

スポンサード リンク

全国の浄水場でお互いの幸せのためにこうした受注調整は行われている。

スポンサード リンク
[ 2018年10月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ