アイコン 韓国軍を中国軍機が完全無視 韓国防空識別圏飛来の偵察機応答なし

 

 

今月26日、中国空軍所属の電子戦・電子偵察機であるY-9JBが、韓国防空識別圏(KADIZ)に無断進入する過程で、韓国軍は中韓ホットラインを通じて進入していると警告したものの、何の応答もなく完全無視されたと怒っている。

このホットラインは偶発的な衝突を防ぐために韓国中央防空統制所(MCRC)と中国北部戦区防空センターをつないでいる。
中国の北部戦区は、北京一帯から東北3省、山東半島を含んだ地域を担当している。
北部戦区の戦力は、有事の際に朝鮮半島に投入される。
Y-9JBは電子・電波情報を収集しながら、敵の電子装備を破壊する軍用偵察兼電子攻撃機。
Y-9JBはこの日、KADIZを自国領土・領海の一部であるかのように行き来。韓国空軍は何度も警告して退去を要求したが、中国空軍は一貫して無応答だった。

中国は、以前はKADIZに無断進入はしても応答はしていた。ところが今回は最初から韓国空軍の警告を「無視」。軍関係者は「中国がKADIZ無断進入に関連し、ホットラインで応答しなかったのは今回が初めて」と話した。

スポンサード リンク

韓国空軍によると、中国のKADIZ無断進入は今年(1~9月)に入り、すでに110回にのぼる。
この程度になればKADIZを認めないという公式発表をしたのも同然。この回数には26日のように長時間KADIZを攪乱しながら飛び回る場合や少しの間KADIZを越えた場合もすべて含まれている。これはTHAADが配備された昨年の約11倍となる数値。

中国は2013年7月、韓国の崔潤喜当時海軍参謀総長が訪中した際、自分たちが引いた黄海作戦区域境界線(東経124度)を韓国海軍が越えてこないよう要求した。

東経124度は白リョン島付近にある。最大12海里(約22.2km)までの範囲は、特段の係争がない限り領海とされている。

黄海から日本海まで行動する中国空軍
キム・ヒョンチョル前空軍参謀次長は「日本海に進入するのは、戦術的には中国は日米韓の情報を収集しながら3国の対備態勢を確認しようとする意図で、戦略的には黄海を中国の内海としたことに続き、朝鮮半島と日本海まで“中庭”同然に自分の勢力圏として認めさせようという腹積もり」と話している。

中国空軍は、自主開発したステルス戦闘機「J-20(エンジンはロシア製)」と長距離輸送機「Y-20」を年頭から実践配備している。また、米本土に核攻撃を加えることができる米戦略爆撃機B-2をパクったステルス戦略爆撃機「H-20」を開発中。

<中国軍機の飛行パターン>
中国軍用機が離於島~済州島南部~浦項東部~鬱陵島近海を往復するパターンでKADIZを長時間無断進入している。
なお、中国は、日本海側には領土も領海も有しておらず、単なる米韓軍をおちょくるため飛ばしているものと見られる。特に今年は北朝鮮に頭が上がらない米韓軍を尻目にKADIZを進入し続けている。

<駐留米軍は近いうち文政権が追い出すと見ている中国>
中国は、朝鮮半島の国々を昔ながらの属国と見なし、中国の防空識別圏に組み入れている可能性もある。
当然、近い将来、韓国の文在寅政権とロウソク民心隊が、駐留米軍部隊を完全に追い出すことを前提とした動きと見られる。すでに米国大使館周辺への米軍撤退を求めたデモは連日発生している。
左派の文政権はこうしたデモを容認し、ロウソク民心の代弁者である司法当局もデモを認可している。

文政権の意向で警察が過激に取り締まれば米軍撤退デモはロウソク民心隊本体に急拡大し、文政権の思いのまま米軍は韓国から追い出されることになる。その前提は終戦宣言後となる。

文政権が欲して止まない「終戦宣言」は、国連軍として駐留している一面を持つ米軍にとってもターニングポイントになる。
現在に至るまで、髪型から生活様式まで、右へ倣え方式の南朝鮮民族であり、すでに南北とも洗脳され続けている思考回路、99%そうなることだろう。

韓国は、これまで中国のKADIZ無断進入に対抗し、警告→戦闘機の緊急出撃→駐韓中国武官招致などの措置を取ってきた。だが、中国の「無視」水準は高まるばかり。
パク委員は「韓国はKADIZをめぐって中国とうんざりするような駆け引きを繰り広げている」とし「方法がない。すぐに効果はなくても、戦闘機を飛ばして韓国の意志を毎回強く中国に伝えなければならない。絶対に隙を見せてはいけない」と強調した。

↓北朝鮮の東側の黄海上にある白翎島、座標は北緯37度58分東経124度39分
(北朝鮮はイムジン川の河口から南西に延びるラインを境界線と主張し、韓国・国連軍の北方限界線を国境線とは認めていない)

2010年3月26日午後9時45分頃、浦項級コルベット艦の「天安」は、朝鮮半島西方黄海上の北方限界線 (NLL) 付近(白翎島西南方)で、船体後方に北朝鮮の魚雷攻撃により船体が2つに折れ沈没、乗組員104名のうち46名が行方不明になった(米軍ではなく、第3国(欧州)の調査機関により北朝鮮の魚雷と結論付けられた)。北朝鮮は攻撃の有無を回避している。もしも北朝鮮が主張するならば、北朝鮮の領海に侵入した南朝鮮の軍艦を撃沈したということになるだろう。

従北政権の文在寅政権のほとんどの閣僚たちは、「天安」は朝鮮戦争当事に敷設された機雷が残り、それが原因だとする韓国左派学者たちの論を信じきっている。
そこまで、絶対君主制の絶対王が支配する北朝鮮を愛してやまないのが文在寅政権とロウソク民心隊でもある。韓国ロウソク民心教・文在寅教祖。教祖は一国2制度で民族統一を模索しているのだろうか。

すでに、韓国文政権は中国政府に対する(昨年の)10.31「3不表明」により、日本の政治・軍事防衛とも遠ざけており、中国軍の庭となったKADIZ問題は自らが解決するしかない。

1129_02.jpg

↓電子偵察兼電子攻撃である中国空軍の「Y-9J」機
1129_03.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年11月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ