アイコン 河野外相 韓国康長官に答えがない限り訪日するなと警告

 

 

河野太郎外相は26日、韓国の康京和外交部(省)長官が先日、日韓の外交上の懸案をめぐって協議するため訪日する可能性もあると言及したことに関して、「きちんとした答えを持ってこないかぎり来日されても困る」と話している。
NHKの報道によると、河野外相のこの発言は26日、自民党の外交部会などの合同会議での発言。

日本政府は先月30日、韓国大法院(最高裁判所)による強制徴用賠償判決、今月21日の韓国政府による「和解・癒やし財団」解散発表に強く反発している。
この日の河野外相の発言も、韓国政府に対する不満を表に出し、「日本政府は強硬に対応する」と強調するためのもの。

韓国の康京和長官は22日、日韓外交懸案を協議するため訪日する可能性について、「今、決まっている日程はないが、常にいろいろなオプション(選択肢)を考慮している」と語っていた。
 自民党は、日韓慰安婦合意に基づく「和解・癒やし財団」解散決定と関連し、日本政府の撤回要求を促す決議文を河野外相に提出している。

スポンサード リンク

また、決議文には、韓国の国会議員が同日、独島(日本名:竹島)に上陸したことについて「日本の領土と権益に対する許し難い侵害」などとする内容も盛り込まれている。
 NHKによると、河野外相は「国会議員の行動ではあるが、上陸にあたっては政府が関与している可能性もあり、韓国政府の責任も問いただす必要がある」と述べている。
以上、

韓国では、徴用工の最高裁判決の内容が、最高裁の高裁に対する差し戻し審で高裁の判決が出ており、最高裁判決内容は事前にはっきりわかっていることから、朴前大統領は、政治的に確定判決を先送りさせていた。
しかし、その行為そのものを積弊清算する文大統領一派は、当時の最高裁判事らを罰する動きに徹し、10月30日の判決となった。

文大統領は徴用工判決問題では、一切表舞台に登場せず、李洛淵首相にすべてを任せ、逃げている。
その李首相は、政府に対して、何の対策も講ぜず、最高裁判決を出させたことに激怒しているとのニュースも韓国が報道している。

李洛淵首相は、東亜日報記者出身、金大中大統領に見初められ政治家に転身、盧武鉉時代には報道官、2012年の大統領選では文在寅の選対本部長を務めた共に民主党所属の国会議員(4期)、2014年に全羅南道知事に、2017年から首相に。

康京和外交長官は、外交経験0の能無し長官、昨年12月の文大統領の国賓中国訪問の大失態から、韓国内では重要事項から外され、北朝鮮外交でも蚊帳の外。
元々、国連勤務で人権問題を取り扱い、最悪の韓国人・潘基文国連事務総長と組み、国連に慰安婦問題を取り上げさせ続け、対日人権批判の国連勧告を何回も出させていた中心人物。ただ、国連が長かったため韓国内にブレーンがいない。文大統領の女性閣僚としてのお飾り。

文大統領は朴前大統領時代の主要官僚たちをほとんど左遷しており、能無しの利用価値のある人物だけ飾りにおいている。その最たる者が今回、経済副首相に就任した洪楠基国務調整室長、前政権時代からのお飾りとして重用している。
そうしたことから、ほとんどの省庁で政策をリードする力ある官僚たちが皆無となり、文大統領や労組や市民会議出身者など取り巻きたちの言いなりに、省庁が動いている。

スポンサード リンク
[ 2018年11月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ