アイコン 映像「マカオ・グランプ」クラッシュ 独17歳女性ドライバー車宙に浮き激突 大ケガ

 

 

マカオの市街地で行われた「マカオ・グランプ」で18日、ドイツ人の17歳の女性ドライバーが運転するレーシングカーが、別のレーシングカーと接触したはずみで宙に浮き、道路の近くに設けられた撮影エリアの防護壁に激突して大破し、ドライバーやカメラマンなど5人がけがをした。
この事故で、女性ドライバーのソフィア・フローシュ選手が背中の骨を損傷し、宙に浮いたレーシングカーがヘルメットなどをかすめた日本人ドライバーの坪井翔選手が腰の痛みを訴えて病院に運ばれた。
日本人のカメラマンと大会関係者など、合わせて3人もけがをしたという。

スポンサード リンク


クラッシュ映像

スポンサード リンク
[ 2018年11月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ