アイコン 協栄シューズ(株)(福岡)/自己破産へ <レディスシューズ>

 

 

婦人靴卸の協栄シューズ(株)(福岡市博多区博多駅南3-8-28、代表:大賀修治)は1月7日事業停止、事後処理を高田明弁護士(電話092-406-3000)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入っている。

負債額は約3億5千万円。

スポンサード リンク

同社は昭和39年9月設立の婦人靴卸売業者。自社企画品のシューズ類を専門店へ卸販売、以前は5億円以上の売上高を計上していた。しかし、消費不況、競争激化により平成29年8月気の売上高は3億円台まで落ち、採算性も悪化、借り入れ負担も大きく、資金繰りに行き詰まり、今回の事態に至った。

スポンサード リンク
[ 2019年1月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ