アイコン 西山温泉・慶雲2年創業「慶雲館」の(株)湯島/特別清算

 

 

世界最古参温泉「慶雲館」運営の(株)湯島(山梨県南巨摩郡、本店登記:東京都中央区八重洲2-8-7、代表清算人:深沢雄二)は1月8日、東京地方裁判所において、特別清算の開始決定を受けた。

同社は旧(株)西山温泉慶雲館として昭和26年1月に設立された日本一古い温泉として知られる「慶雲館」運営会社。当湯は慶雲2年(705年)に開湯され、武田信玄や徳川家康らも入湯したと伝えられている。以前は9億円以上の売上高を計上していたが、最近は6億円を割り込み、過去の過多な設備投資が災いし、赤字経営に陥っていた。

スポンサード リンク
 

そのため旧(株)西山温泉慶雲館は、会社分割、平成29年6月に新(株)西山温泉慶雲館(山梨県南巨摩郡早川町湯島825)を設立して温泉事業を譲渡、旧(株)西山温泉慶雲館は負債を抱え、本店を東京に移転させ、社名も(株)湯島に変更し、その後解散を決議していた。

「慶雲館」は新(株)西山温泉慶雲館により継続して運営されている。

(ただ、経営者責任は明確にすべきだろう。)

 

慶雲館

スポンサード リンク

[ 2019年1月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ