アイコン 東海気熱(株)(神奈川)/自己破産へ <設備工事>

 

 

プラント設計・施工の東海気熱(株)(神奈川県小田原市寿町5-1-5、代表:堀口誠)は1月25日事業停止、事後処理を関本和臣弁護士(電話0467-39-5557)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約5億円。

同社は昭和22年創業の産業プラントの設計・施工業者。大手精密機器メーカーから受注して化学品、産業機械メーカー工場のプラント工事のほか病院、ホテルなど各種施設の空調設備工事などを受注し施工していた。以前は22億円以上の売上高を計上していた。

しかし、工場が海外へ移転し、製造業の国内設備投資が減退、更新需要も少なく、受注が減少し続け、平成30年9月の売上高は8億円台まで落ち、最近は赤字経営が続いていた。資金繰りに行き詰まり今回の事態に至った。

スポンサード リンク
 
東海気熱㈱の財務内容と業績 平成29年9月期/千円
流動資産
610,014
流動負債
460,553
 
 
固定負債
277,370
固定資産
353,513
自己資本
225,603
 
 
(資本金)
20,000
総資産
963,527
負債+資本
963,527
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
1,124,054
90,772
-28,047
23.4%
・管工事

スポンサード リンク

[ 2019年1月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ