アイコン 「ホテル金水苑」の(株)湊商事(大分)/特別清算 ヤクシンGになりホテル営業中

 

 

旧(株)ホテル金水苑の(株)湊商事(大分県佐伯市中ノ島東町2-21、代表清算人:青柳由香利)は2月12日、申請処理を中山陽介弁護士(電話097-537-1200)に一任して、大分地裁佐伯支部において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約7億円。

 

スポンサード リンク
 

同社は昭和41年創業のJR佐伯駅近くの「ホテル金水苑」元経営会社。各種宴会場やレストランなど備えた総合ホテルで景気が良かった時代には10億円以上の売上高を計上していた。

しかし、長期景気低迷で、儲け頭の宴会が減少、少子化などから結婚式も減少し、一方で地域に格安の大手チェーンのビジネスホテルができるなど、宿泊客獲得も競争が激化、同社は3億円台まで売上高が落ち、経営不振に陥り、昨年10月に会社分割、大分市の運送業、引越業、ホテル業、冠婚葬祭業を営むヤクシングループの(株)ヤクシンエステートに事業譲渡、同社は負債を抱え、社名も旧(株)ホテル金水苑から(株)湊商事に変更し、解散を決議していた。

0227a.JPG

スポンサード リンク
 

[ 2019年2月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ