アイコン (株)フューチャーコラボレーション(宮城)/民事再生申請 「Crystal Resort」

 

 

飲食店・結婚プロデュース業の(株)フューチャーコラボレーション(宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-2、代表:齋藤達哉)は2月27日、申請処理を岩渕健彦弁護士(電話022-227-6167)ほかに一任して、仙台地方裁判所へ民事再生法の適用を申請した。監督員には、三瓶淳弁護士(電話022-397-6450)が選任されている。

負債額は約2億5千万円。

スポンサード リンク
 

同社は平成14年12月設立の飲食店と結婚式プロデュースの会社。レストランウェディングの「Crystal Resort」などの店舗を展開し、平成30年2月期には5億円台の売上高を計上していた。

しかし、少子化が進む中、競争も激化して経営不振に陥り、一部店舗を閉鎖し、今後、スポンサーの支援を得て、民事再生を図るため申請したもの。

同店の営業は、民事再生申請であり引き続き継続して行われている。

 

 

 

スポンサード リンク

[ 2019年3月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ