アイコン 能勢クリーニング(株)(京都)/自己破産へ

 

 

クリーニング店およびFCの能勢クリーニング(株)(京都府亀岡市安町釜ケ前25-1、代表:能勢人正)は3月4日事業停止、事後処理を坂口俊幸弁護士(電話075-256-0525)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク

同社は昭和34年2月設立の「能勢クリーニング店」の経営会社。同社は自社工場を持ち、地域一帯に展開していたが、少子高齢化、消費不況による需要減、競争激化により売上不振が続く中、人件費も増加して採算性も悪化、今回の事態に至った。

スポンサード リンク
[ 2019年3月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ