アイコン 「さくらクリニック」の医療法人社団千陽会(千葉)/破産開始決定 クリニック営業は継続中

 

 

人工透析クリニックの医療法人社団千陽会(千葉県四街道市大日593-1、理事長:蜂谷哲也)は3月25日、千葉地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、伊東秀彦弁護士(電話043-224-2233)が選任されている。

負債額は約7億円。

スポンサード リンク

同法人は平成5年創業の「さくらクリニック」を経営会社。内科、外科、人工透析専門のクリニックとして、外来・入院透析60床、一般病床19床を擁し、老人ホームも運営し、以前は5億円以上の売上高を計上していた。しかし、外来患者の減少などから収益性が悪化、老人ホームを譲渡し、一方で成田市に新たに「さくらクリニック成田」を開設していた。

ところが、「さくらクリニック成田」は医師不足で閉鎖する事態に陥り、クリニック開設費用など多額の借入金を抱えるなか、債権者から破産を申し立てられていた。

 
[ 2019年4月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ