アイコン (株)レングス(鳥取)/特別清算  銘建工業とミヨシ産業に事業譲渡

 

 

合板製造の(株)レングス(鳥取県西伯郡南部町法勝寺70、代表清算人:中西康夫)は3月25日、鳥取地裁米子支部において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約7億円。

スポンサード リンク

同社は平成9年9月設立で鳥取県の西部地区の木材業者9社が出資した合板製造のレングス協同組合として発足した法人。県産原木を使用したパネル「Jパネル」を製造して以前は4億円前後の売上高を計上していた。

しかし、過大な設備投資にかかわる借入金に対して売上高は伸びず、外国産パネルの流入も大きく、円安でも価格競争はなく、同社は昨年7月、岡山県の建材メーカー銘建工業(株)と米子市の(株)ミヨシ産業の支援を受けるべく会社分割し、新設された(株)鳥取CLT(代表:谷野利宏=ミヨシ産業代表)に事業譲渡、同社は組合を株式会社に転換し、その後、解散を決議していた。

 
[ 2019年4月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ