アイコン 染料の吉岡敬(株)(京都)/自己破産へ 

 

 

繊維加工用などの化学品卸の吉岡敬(株)(京都市右京区西京極西)は4月2日事業停止、事後処理を高谷滋樹弁護士(電話050-3718-5588)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク
 

同社は昭和21年創業の染料や顔料の化学品卸業者。繊維産業向け染料・顔料を主に扱い以前は3億5000万円以上売り上げていた。しかし、最近では繊維産業の衰退から売上高は減少し続け、3億円を割り込み、赤字経営となっていた。

スポンサード リンク

[ 2019年4月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ