アイコン 不正施工崩落死亡事件の(株)則武地所(神奈川)/自己破産申請

建築工事と不動産業の(株)則武地所(所在地:神奈川県相模原市中央区相模原***)は5月13日、横浜地裁相模原支部において自己破産を申請した。

負債総額は約4億円。

資本金は500万円。

 
 

同社は平成12年7月創業、平成23年12月に法人化へ、業績が低迷する中、施工した賃貸アパートにおいて事故が発生し事業を断念、今回倒産の事態となった。

申請代理人は弁護士法人相模原法律事務所の中山峻介弁護士(電話番号:042-756-0976)ほかが任命されている。

 


スクロール→

破綻要約

1

破綻企業名

(株)則武地所

2

本社地

神奈川県相模原市中央区相模原2-11-27

3

代表

佐野由美子

4

設立

2011年12月

 

創業

2000年

5

資本金

500万円

6

業種

不動産販売業、賃貸木造住宅建築工事業

7

売上高

2017年4月期、約20億円

2020年4月期、約9億円

8

破たん

2021年5月13日

自己破産申請

9

裁判所

横浜地裁相模原支部

10

申請代理人

伊藤信吾弁護士(弁護士法人相模原法律事務所)ほか

電話:042-756-0976

11

負債額

約4億円 

12

破綻事由

同社は不動産販売および賃貸アパート建築業者。最近はアパート建築受注が減少し売上高を落とし、経営不振に陥っていた。そうした中、4月に発生した八王子市の2階建賃貸アパートの外階段踊り場が崩落して住民女性が死亡する事件が発生。

原因は設計図書にもない、また防腐処理もされていない木材のうえにモルタルを塗っていいため、崩落したことによるもので、同社が不正に施工していたもの。

今月2日には業務上過失致死容疑で警視庁から家宅捜査を受け、信用低下は免れず、今回の申請となった。

今後も施工会社の代表者責任は免れない。

[ 2021年5月14日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧