アイコン 「高知市飲食店 大借金か倒産」「今後10年で100万社が廃業に」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

倒産バナー

高知市飲食店「時短、もう無理…」県要請拒否ぽつぽつと 大借金か倒産

新型コロナウイルス感染が収まらず、高知県が高知市内の飲食店に要請した時短営業が20日まで延長された。「時短明け」になるはずだった9日夜、多くの店が休業を続けるか午後8時で閉める中、通常営業へと切り替える店もぽつぽつ出てきた。店主からは「県の協力金じゃ従業員の給料すら払えない。


今後10年で“100万社”が廃業に!? 事業投資家が語る「中小企業立て直しのノウハウ」とは?

三戸:今って“大廃業時代”と呼ばれていて、中小企業がどんどん廃業しているんですよ。

高須:なぜ廃業するのですか?

三戸:経営者の高齢化が原因です。

 
 

ビル管理会社倒産、「承継先」との提携で思わぬ負担増

業歴が40年近いビルメンテナンス会社、ジェイ・ビー・シー・サービス(JBC、東京・杉並)が4月2日に民事再生法の適用を申請した。平成に入り積極的なM&A(合併・買収)を繰り返して業容を拡大してきたが、事業承継先と見込んで業務提携した企業とのトラブルが発生。高齢だったJBC社長の死去も重なったことで独自での再建を断念し、民事再生での再建を目指すこととなった。

 

高知市飲食店「時短、もう無理…」について、ネットの反応では・・・

「ワクチン接種増えたからもうそこまできてる頑張れ」

「ここまで長引くとは船でワーワーいってたときは思わなかった」

「どれだけの飲食店が廃業したんだろうか」

「飲食だけじゃないけどな、苦しいのは」

「行政もやれることはやってると思うよ、これ以上は本人たちの力だ」

などの声があがっている。

 

[ 2021年6月11日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧