アイコン 「酒販店、倒産に懸念も 緊急事態、続く我慢ー沖縄」「ベトナム航空、債務超過で倒産の危機」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ


倒産バナー

「いつまでこの状態が続くのか」酒販店、倒産に懸念も 緊急事態、続く我慢

県は16日、20日までを期限としていた新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の2週間延長を国に要請する方針を決めた。酒やカラオケを提供する店への休業要請も続く見込みだ。酒卸売業や酒メーカーなど、飲食店に関連する産業への影響は大きい一方、行政の協力金などの支援は乏しい。酒販店からは「倒産に追い込まれる『町の酒屋』も出かねない」と悲痛の声が上がる。


ベトナム航空、債務超過で倒産の危機 強制上場廃止も

計画投資省は最新レポートの中で、スカイチーム加盟のベトナムのフラッグキャリアで、全日空が出資するベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)が倒産の危機にひんしており、延滞債務総額は6兆2400億VND(約300億円)に上ることを明らかにした。

 4~6月の税引後利益は▲5兆VND(約▲240億円)超の赤字となり、1~6月期では▲10兆VND(約▲480億円)に拡大する見込み。

スポンサーリンク

「経営悪化の重要サイン」が9年ぶりの高水準に、東京商工リサーチが解説

コロナ禍でゴーイングコンサーン注記(GC注記)や「継続企業の前提に関する重要事象」の記載企業が増えている。上場企業が決算発表で開示するこれらのリスク情報は、大幅赤字や財務の脆弱(ぜいじゃく)化、資金繰りの悪化など、経営に黄信号が灯ったサインでもある。コロナ禍が長引き、年間を通じて直撃を受けた2021年3月期決算は飲食業などを中心に業績ダウンが続出した。GC注記や「重要事象」の記載企業数は、前年同期から6社増の89社にのぼり、2012年3月期以来、9年ぶりの高水準となった。

 

「いつまでこの状態が続くのか」酒販店について、ネットの反応では・・・

「飲食、飲み屋だけでなくその関連も厳しいわな」

「家のみって芸能人が煽ってたがスポンサーからのやつかね」

「家飲み増やしてもらわんと、メーカーも困るもんな」

「酒販店はモロだな、確かに」

「花屋も何気に厳しいのでは?クラブの姉ちゃんら目的の店も多い」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年6月17日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧