アイコン 「韓国経済を襲う、破産ラッシュ、倒産爆増」「介護事業者倒産、過去最多」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ


倒産バナー


文在寅の“大逆走”で、韓国経済を襲う「株価暴落、破産ラッシュ、倒産爆増」の血みどろ地獄…!

韓国銀行は、今年の韓国経済は4%以上の成長も可能であるとしている。また、国際通貨基金(IMF)によれば、韓国の昨年の名目国内総生産(GDP)の規模は19年の12位から10位に上がったという。昨年の順位上昇は、新型コロナの影響でブラジルとロシアが落ちたからであるが、韓国は2026年まで順調に成長し10位以内を維持する見通しである。


2020年の「介護事業者」倒産、過去最多に 地域介護サービス守るための開業急増 支援が急務

長引くコロナ禍の中で老人福祉・介護事業者は厳しい状況に置かれている。重症化率の高い高齢者を抱える介護施設事業者は厳重な感染症対策が求められる一方で外出自粛ムードの中でデイケアなどの利用も減り厳しい経営環境の中にある。もともと介護業界はコロナ以前より人手不足等で厳しい経営環境にあり倒産・廃業に至るケースが増加していた。しかし、進展する高齢化の中で老人福祉・介護事業に対する需要は拡大傾向である。

スポンサーリンク
 
 

「返せない借金」60万円でしのぐ コロナで生活困窮

コロナ禍で生活が苦しくなった人への政府の特例貸付制度で、群馬県内の利用額は昨年度、約118億円に達した。早い人で来年4月には返済が始まる見込みだ。収束が見えないなか、支援者からは借金である貸付制度の見直しを求める声が出ている。

 5月下旬、高崎市でコロナ禍で失業したり、住まいを失ったりした人を対象にした生活相談会が開かれた。

 

2020年の「介護事業者」倒産、過去最多にについて、ネットの反応では・・・

「淘汰されていいという人もいるが、一番人材不足で困ってる業種だからね」

「結局、人件費も安いまま、コロナでさらに働き辛くなってどうもならない」

「高齢化社会になっていくのに本当に大丈夫なのか」

「本当なら変わらない日々を送ってた人らが困窮しているんだよね」

「ワクチンで本当に明日が変わるのだろうか」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年6月29日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧