アイコン エーザイ株19%高のストップ高 世界初のアルツハイマー病薬開発 米FDA限定認可

 

エーザイは7日、米バイオジェンとの共同で世界初となるアルツハイマー病薬を開発し、米FDAから限定ながら認可を受けた。

これを受け、8日の東証でのエーザイ株価は、前日の7,751円から9,251円と1,500円のストップ高、19.35%高を記録した。

時価総額は2兆7,435億円となり、前日の2兆2,986億円から4500億円あまり増加した。

バイオジェンの株価しだいでは明日以降もストップ高が続く可能性もある。

なお、バイオジェンの7日の米市場での株価は、前日比38.34%高の395.85ドルとなり、109.71ドル上昇している。

(日本は米国より厳しくストップ高の額を価格帯により設定している)

 


 

[ 2021年6月 8日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧