アイコン 大型アパレル倒産 メンズカジュアル衣料卸の「ガゼール」/民事再生申請 <岐阜・羽島郡> 負債19億円

メンズカジュアル衣料卸の(株)ガゼール(所在地:岐阜県羽島郡岐南町伏屋5-1 代表:加藤公英)は6月29日、東京地裁において民事再生法の適用を申請したことがわかった。

負債総額は約19億円。

資本金は6980万円、従業員は40名。

同社は昭和23年4月に創業、昭和26年7月法人化へ。

スポンサーリンク
 
 

新型コロナの影響で業績が悪化する中、主力取引先が倒産し、自力での事業継続を断念、今回の事態となった。

申請代理人はさくら共同法律事務所の渡辺和也弁護士(電話番号:03-6384-1120)ほかが任命されている。

 


スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名

(株)ガゼール

2

本社地

岐阜県羽島郡岐南町伏屋5-1

3

代表

加藤公英

4

設立

1951年7月

5

資本金

6980万円

6

業種

メンズアパレル製品卸会社

7

売上高

以前のピーク期、約90億円

2021年2月期、約20億円

8

破たん

2021年6月29日

民事再生申請

9

裁判所

東京地方裁判所

10

申請代理人

渡辺和也弁護士(さくら共同法律事務所)

電話:03-6384-1120

11

監督員

未定

 

12

負債額

約20億円

13

破綻事由

同社は、企画提案力を武器に全国のメンズ専門店や量販店へ卸、OEM製品も扱うなどして販路を構築していた。しかし、バブル崩壊以降、不景気到来、安価な海外製の流入などにより徐々に売上高を減らし続けてきた。

そうした中、今般の新コロナにより顧客の販売高が大幅減少、連れて同社の売上高も減少、さらに、大口仕入先の1社であるコイケが今年5月民事再生で経営破たん、仕入先に困難をきたす事態に陥り、財務内容を改善して再出発するため、今回の民事再生の申請となった。

[ 2021年6月29日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧