アイコン 野菜卸売業の「岸武青果」/民事再生申請、事業継続中 <和歌山> 新型コロナ関連

 
 

野菜卸売業の岸武青果(株)(所在地:和歌山県和歌山市西浜1660-401 登記簿上所在地:和歌山県和歌山市湊北町3-8 代表:岸真寛氏ほか)は6月11日、和歌山地裁において民事再生法の適用を申請し。

負債総額は約¥5.7億円。

資本金は3500万円。

同社は昭和3年6月創業、昭和36年6月に法人化へ、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあって自力での運営継続事業を断念、今回の措置となった。

営業は継続中。

申請代理人はアウラ法律事務所の石津剛彦弁護士(電話番号:073-425-7800)ほか、監督委員には和歌山合同法律事務所の阪本康文弁護士(電話番号:073-433-2241)が選任されている。

 


スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名1

岸武青果(株)

2

本社地

和歌山市西浜1660-401

3

代表

岸真寛

4

設立

1961年6月

創業

1928年

5

資本金

3500万円

6

業種

青果卸業

7

売上高

以前のピーク期、約44億円

2020年5月期、約11億円

8

破たん

2021年6月11日

民事再生法の適用申請/監督命令

9

申請代理人

石津剛彦弁護士(アウラ法律事務所)ほか

電話:073-425-7800

9

監督員

阪本康文弁護士(和歌山合同法律事務所)

電話:073-433-2241

10

裁判所

和歌山地方裁判所

11

負債額

約6億円

12

破綻事由

同社は老舗の青果卸業者、スーパーや量販店、飲食店などへ卸していたが、成果物の流通形態が変わり、売上高が減少する中、今般の新コロナにより、飲食店向けが大幅減少し、財務内容を抜本的に改善させ、再起を図るため、今回の民事再生の申請となった。お客さんがいる以上、民事再生は成功するものと思われる。何より新コロナの収束が望まれている。それは政治にかかっている。

[ 2021年6月15日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧