アイコン 水道施設工事の「永野工事」/自己破産申請、倒産へ <東京・立川市> 新型コロナ関連倒産

 
 

水道施設工事の(有)永野工事(所在地:東京都立川市錦町1***)は6月1日、東京地裁立川支部において自己破産を申請した。

負債総額は約3億円。

資本金は3000万円。

同社は昭和54年創業、平成5年5月に法人化へ、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあって事業を断念、今回倒産の事態となった。

申請代理人は、LSC綜合法律事務所の志賀貴弁護士(電話番号:042-512-8890)が選任されている。

[ 2021年6月18日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧