アイコン 追報:電力・交通システムのソフト開発の「エスアイリサーチ」/破産手続き開始決定 <茨城・水戸市>


続報。令和元年11月に事業停止していた、電力・交通システムのソフト開発の(株)エスアイリサーチ(所在地:茨城県水戸市大町3丁目*** )は6月10日付、水戸地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

停止時の負債額は約3億円。

同社は平成2年4月設立のソフトウェア開発業者。電力システム、交通管理システム、公共システムなどのソフト開発を手がけ、以前は5億円前後の売上高を計上していた。しかし、東日本大震災後の電力業界の設備投資抑制、公共機関も資金難から投資が減少し、平成29年2月期の売上高は2億円台まで落ち、昨今の開発要員の人件費増もあり、赤字経営に陥り、得意とするこうした業界への大手システムソフト開発会社の占有もあり、事業継続を断念し今回の事態に至った。

スポンサーリンク
 
 

破産管財人には、見光一弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間はまで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年9月7日午後3時30分。

事件番号は令和3年(フ)第82号となっています。

 

既報記事
(株)エスアイリサーチ(茨城)/自己破産へ


スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名

(株)エスアイリサーチ

2

本社地

茨城県水戸市大町3-2-5

3

代表

工藤伸一

4

設立

1990年4月

5

資本金

3000万円

6

業種

電力関係のソフト開発会社

7

売上高

以前のピーク期、約4億円

2017年2月期、約2億円

8

破たん

2019年9月

事業停止

2021年6月10日

破産手続きの開始決定

9

破産管財人

人見光一弁護士(人見法律事務所)。

電話:029-225-6388

10

裁判所

水戸地方裁判所

11

負債額

約3億円

12

破綻事由

同社は変電所など電力関係のソフトウェア開発会社。しかし、東日本大震災、フクシマ原発大爆発により、電力業界の設備投資は大幅に減少し続け、同社の売上高も減少し続け、経営不振から、2019年9月に事業を停止するに至っていた。

東電の驕りはいまだ続いている。奢れる者久しからず・・・

 

[ 2021年6月24日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧