アイコン スマートホテル運営 (株)TRASTA(東京)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

 
 

スマートホテル運営の(株) TRASTA(所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 代表:木地貴雄)は6月2日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約22.2億円。

資本金は1000万円。

帝国データバンクなどによれば、同社は現在東証1部の(株)インターアクションが、平成17年6月に設立、平成30年2月に現商号に。

スマートホテルとして投資家に販売、同社が運営を行い、「STAY in the City AMEMURA」・「STAY Vintage NAKAZAKI」・「住亭」など5施設まで拡大していた。

しかし、人件費や諸経費、借入金の負担などにより2017年5月期から営業段階から3期連続で赤字が続く中、新型コロナの影響もあって業績が低迷、10月末にも全従業員を解雇し、営業活動を停止、同社の動向が注目されていた。

破産管財人は蒲野綜合法律事務所の松村一宏弁護士(電話番号:03-5544-9841)が選任されている。

 


スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名

(株)TRASTA

2

本社地

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-5

3

代表

木地貴雄

4

設立

2005年6月

5

資本金

1000万円

6

業種

IOTを組み込んだスマートホテルの運営と販売

7

運営ホテル

「住亭」

「STAY in the City AMEMURA」

「STAY Vintage NAKAZAKI」など

8

売上高

以前のピーク期、約12億円

2019年5月期、約4億円

9

破たん

2021年6月2日

破産手続きの開始決定

10

破産管財人

松村一宏弁護士(蒲野綜合法律事務所)

電話:03-5544-9841

11

裁判所

東京地方裁判所

12

負債額

約4億円

13

破綻事由

同社は(株)インターアクションの子会社として設立されたが、MBOで独立、光センサー技術を有しており、その後はIOTと組み合わせ、スマートホテルの開発および投資家への販売、ホテル運営を行っていた。しかし、新コロナによりホテル事業が急激に窮地に陥り、昨年秋に全従業員を解雇してその後の成り行きが注目されていた。 

[ 2021年6月 9日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧