アイコン 「コロナ倒産の真相」「レナウン コロナ倒産はなぜ起きた」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

 
 

倒産バナー

名門レナウン 上場企業初のコロナ倒産はなぜ起きたか

レナウンの歴史は、佐々木八十八氏が1902年2月に創業、第二次世界大戦を経て47年9月に再発足した旧レナウンから始まりました。ワンサカ娘やアラン・ドロンのインパクトあるCMがお茶の間に定着し、「アーノルドパーマー」が一世を風靡。飛ぶ鳥を落とす勢いで90年12月期には年売上高約2317億6500万円をあげ、世界最大規模のアパレル企業に成長しました。


コロナ倒産の真相

新型コロナウイルスの流行がはじまって、すでに1年以上が経ちました。
 収束してきた、と思ったら新しい波がきて、の繰り返して、感染者数は1年前の5月より増えてきています。  その一方で、昨年のゴールデンウィーク時に比べると、実際に感染するリスクは跳ねあがっているにもかかわらず、新型コロナウイルスへの「恐怖感」は薄れてきているようにもみえるのです。

太陽光関連の倒産は減少傾向も、大型倒産で負債額は大幅に増加

帝国データバンクは2021年7月12日、2021年上半期(2021年1月~6月)における太陽光関連業者の倒産状況を発表した。倒産件数は38件と前年同期比で9.5%の減少で、2020年下半期との比較でも9.5%の減少となった。

 一方、大型倒産が多く発生し、負債総額は急増となっている。

 

太陽光関連の倒産は減少傾向もについて、ネットの反応では・・・

「太陽光、ITビジネス、投資、胡散臭い3大ビジネス」

「一時は若い社長がブイブイいわせてた業種」

「飛び込み営業が一時のヤマヒサみたいなとこが多かったな」

「近所で街宣車みたいな車で営業してたやつらいたわ」

「補助金出るとやっぱ湧いてくるんだろうね、ああゆうのが」

などの声があがっている。

 

 

[ 2021年7月19日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 
  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧