アイコン 負債約30億 スクイーズなど玩具卸の「ブルーム」/民事再生申請 <東京・渋谷区> 新型コロナ関連倒産

「スクイーズ」などヒット商品を販売していた玩具卸の(株)ブルーム(所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-6-3F 代表:侍留 啓介 )は6月24日、東京地裁において民事再生法の適用を申請した。

負債総額は現時点で約30億円が見込まれている。

資本金は9000万円。

 
 

同社は平成31年3月に設立、(株)ブルームおよび(株)Nicoriと合併し、現商号となっていた。

しかし、ヒット商品である「スクイーズ」シリーズがあったものの、新型コロナの影響もあって自力での事業継続を断念、今回の措置となった。

申請代理人は西村あさひ法律事務所の大形航弁護士(電話番号:03-6250-6200)、監督委員は弁護士法人山崎和代法律事務所の山崎和代弁護士(電話番号:03-3460-5125)が選任されている。

事件番号は令和3年(再)第33号となっている。

 

 

スクイーズ
https://i-bloom-squishy.com/


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)ブルーム

2

本社

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-6

3

代表

侍留啓介

4

設立

2019年3月設立

5

資本金

9000万円

6

業種

スポンジ玩具スクイーズの販売会社

7

破たん

2021年6月24日

民事再生法の適用申請/監督命令

8

裁判所

東京地方裁判所

9

申請代理人

柴原多弁護士(西村あさひ法律事務所)ほか

電話:03-6250-6200

10

監督員

山崎和代弁護士(弁護士法人山崎和代法律事務所)

電話:03-3460-5125

11

負債額

約28億円

12

破綻事由

同社は、1994年に創業された旧(株)ブルームが手がけていた人気のスポンジ素材の玩具「スクイーズ」シリーズを再度人気化させようと、旧(株)ブルームと販社であった(株)Nicorの2社を買収・吸収合併し、社名も新()ブルームに変更して事業を承継した会社。

しかし、2020年早々から新コロナの感染拡大で営業らしい営業ができないまま、経営不振に陥り、財務内容を抜本的に立て直すため今回の申請となった。

ただ、負債額が大きすぎるようだが大丈夫だろうか。

[ 2021年7月 5日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧