アイコン 明治38年創業 喫煙具の「パシバ」/特別清算開始命令 負債34億 電子煙草普及で低迷

 
 

旧商号「元林」で、喫煙具卸のパシバ(株)〈所在地:大阪府大阪市中央区北浜2-3-9入商八木ビル 代表清算人:片岡牧弁護士〉は7月7日、大阪地裁において特別清算開始命令を受けた。

負債総額は約34億円。

資本金は6960万円。

同社は明治38年3月に創業、昭和29年3月に法人化へ。

帝国データバンクなどによれば、再建計画を策定し、生活雑貨卸事業など業種を広げていたが、電子煙草の普及により業績が低迷していたためスポンサーを募集していた。

そして今回、スポンサーの下で新会社を設立し事業を譲渡し、同社を解散、今回の措置となった。

事件番号は令和3年(ヒ)第3013号となっている。

 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

パシバ(株)(旧(株)元林)

2

本社地

大阪市中央区北浜2-3-9

3

代表

代表清算人:片岡牧弁護士

4

設立

1954年3月

 

創業

1905年

5

業種

喫煙具卸

6

売上高

以前のピーク期、約98億円

7

破たん

2021年7月2日

特別清算

 

裁判所

大阪地方裁判所

9

負債額

約34億円

10

破綻事由

同社はライターなど喫煙具類を全国の百貨店や量販店、専門店に卸していたが、国の政策が禁煙にいたり、同社の売上高は漸減し続け、同社は変わってバッグ類やアクセサリーの卸や販売も手がけるようになっていたがうまくいかず、大幅な債務超過に陥っていた。同社は

新規スポンサーにより再建を目指すべく、スポンサーが設立した新会社に同社の事業を譲渡、同社は社名をパシバに変更し、解散を決議していた。

電子煙草
※画像と記事は無関係です。

[ 2021年7月19日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 
  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧