アイコン 追報:アパレルのコイケ破綻連鎖「エス・ピー・エム」/自己破産、倒産へ <愛知> 新型コロナ関連倒産

続報。メンズカジュアルウェア卸の(株)エス・ピー・エム(所在地:愛知県名古屋市中区丸の内2-7-19 代表:江原正純)は7月1日、同日までに破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約13億円。

 

 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)エス・ピー・エム

2

本社

愛知県名古屋市中区丸の内2-7-19

3

代表

江原正純

4

設立

1999年7月

5

資本金

2000万円

6

売上高

2019年6月期、約25億円

7

業種

カジュアルウェア卸

8

破たん

2021年7月1日

事業停止/自己破産申請の準備中

9

裁判所

予定、名古屋地方裁判所

10

代理人弁護士

古澤仁之弁護士(弁護士法人小山・古澤早瀬)

電話:052-485-7188

11

負債額

約13億円

12

破綻事由

同社は自社企画の紳士物や女性用のカジュアウエアをメーカーや専門店からOEMなどで受注し、アジア各国で生産委託した輸入卸業を展開していた。しかし、2020年に入ると新コロナの影響で納品先の店舗販売が急減し、同社の受注も激減、経営不振に陥る中、取引先であった()コイケが5月14日、負債額約65億円を抱え民事再生法を申請して経営破たん、同社は打撃を受け、資金繰りを急悪化させ、今回の事態に至った。

 

[ 2021年7月 6日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧