アイコン 追報:宗教具の「老子」/破産手続き開始決定 <富山・高岡市>

続報。宗教具の(株)老子(所在地:富山県高岡市戸出栄町47番1*** )は6月30日付、富山地裁高岡支部において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

停止時の負債総額は約4億円。

同社は28日民事再生を申請して経営破たんして老子製作所の仏具販売部門として設立された経緯があった。
 

 
 

同社の事業も借入残高も大きく、経営不振が続いていたため、取引もある老子製作所の破綻により連鎖する形で事業を停止し、今回の事態に至った。

破産管財人には、山口敏彦弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和3年8月11日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年9月30日午前10時30分。

事件番号は令和3年(フ)第73号となっています。

 

既報記事
宗教具の「老子」/自己破産、倒産へ <富山・高岡市>

 



 

[ 2021年7月 8日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧