アイコン 「冷たい熱帯魚」「猫侍」制作の「ステアウェイ」/破産開始、倒産へ <東京・杉並>

映像制作会社の(株)ステアウェイ(所在地:東京都杉並区下井草***)は7月7日、東京地裁において破産手続き開始決定を受けた。

 
 

同社は平成13年5月に設立、すべての映画ファンを恐怖のどん底に落とした「愛犬家連続殺人事件」をモチーフにした、2011年に公開の『冷たい熱帯魚』などで知られる木村俊樹が代表の会社。

破産管財人は桃尾・松尾・難波法律事務所の大江耕治弁護士(電話番号:03-3288-2080)が選任されている。

破産債権の届出期間は令和3年8月4日まで。


 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)ステアウェイ

2

本社

東京都杉並区下井草2-10-22

3

創業者

木村俊樹氏

4

設立

2001年5月

5

業種

映画・ドラマなどの制作会社

6

破たん

2021年7月7日

破産手続きの開始決定

7

裁判所

東京地方裁判所

8

破産管財人

大江耕治弁護士(桃尾・松尾・難波法律事務所)

電話:03-3288-2080

9

破綻事由

同社はこれまでに創業者が多くの映画などに関係し、「猫侍」、「愛の渦」などにもプロデューサーとして関与していた。しかし収入は限られ、資金繰りは厳しい状態が続いていた。

[ 2021年7月14日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧