アイコン 月刊マリンダイビングの「水中造形センター」/自己破産、倒産へ <東京・千代田> 新型コロナ関連倒産

出版社の(株) 水中造形センター(所在地:東京都千代田区麹町1-7、代表:舘石哲見)は7月12日、事業を停止して、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約2億円。

資本金は4800万円。

スポンサーリンク
 
 

 
同社は昭和33年に創業、昭和52年12月に法人化へ。

近年の出版不況により業績が低迷する中、新型コロナの影響もあって事業を断念、今回倒産の事態となった。

なお、担当弁護士には宮之原陽一弁護士(電話番号:03-6869-7171)が任命されている。

 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)水中造形センター

2

本社

東京都千代田区麹町17

3

代表

舘石哲見

4

設立

1977年12月

5

業種

スキューバダイビング専門誌発行およびダイビングツアーの旅行業者

6

売上高

以前のピーク期、約13億円

2020年9月期、約4億円

7

破たん

2021年7月12日

事業停止/弁護士一任/自己破産申請の準備中

8

裁判所

未定

9

代理人弁護士

宮之原陽一弁護士(宮之原法律事務所)

電話:03-6869-7171

10

負債額

約2億円

11

破綻事由

同社はスキューバダイビング専門月刊誌「マリンダイビング」発行のほか、スキューバダイビングツアーを企画運営していた旅行業者。

以前は13億円以上の売上高を計上していたこともあったが、アベノミクス下、賃金が上がらない中、消費税増税が続き、久しく消費不況に陥り、同社の売上高も漸減、経営不振に陥り、資金繰り多忙状態に至っていた。今や金持ちだけのダイビングではないのだが、庶民に余裕がなくなり、再び金持ちだけの遊びになってしまったようだ。

[ 2021年7月15日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧