アイコン 元観光ホテル運営の「柳井クルーズホテル」/会社整理へ ホテル譲渡済み

0716_02.jpg

「柳井クルーズホテル」元運営会社の(株)柳井クルーズホテル(登記簿上所在地:山口県柳井市南町4-1-1)は6月30日、ホテル事業を譲渡して、債務整理を弁護士に一任した。

以下、倒産要約。

 

スポンサーリンク
 

スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)柳井クルーズホテル

2

本社地

山口県柳井市南町4-1-1

3

代表

新山統一郎

4

設立

1991年3月

5

業種

結婚式場を備えた観光ホテル

6

売上高

以前のピーク期、約10億円

2018年12月期、約2億円

7

破たん

2021年6月30日

債務整理を弁護士一任

8

申請代理人

高木大地弁護士(弁護士法人関西法律特許事務所)

電話:06-6231-3210

関連会社

9

破綻企業名

(株)大観荘

10

本社地

山口県大島郡周防大島町大字小松瀬戸1656-3

11

破綻事由

(株)柳井クルーズホテルは2009年10月経営破たんした防予汽船の関連会社として1991年3月に設立されたビジネスホテル運営会社。防予汽船破綻後は独立した経営となっていた。しかし、今般の新コロナ惨禍により更なる売上不振に経営維持が困難となり6月30日、事業を柳井市に新たに設立したセイルドオーシャン(株)に譲渡、同社は債務を残し整理することになった。

また、大島にある関連会社の周防大島温泉ホテル「大観荘」運営の(株)大観荘も今後ホテルを譲渡して整理する方針。

なお、柳井クルーズホテルはセイルドオーシャン(株)により引き続き営業されている。

 

[ 2021年7月16日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧