アイコン さつま揚げ製造販売の「玖子貴」/破産手続き開始決定 <鹿児島・日置市> 新型コロナ関連倒産

 
 

さつま揚げ製造販売の(有)玖子貴(所在地:鹿児島県日置市日吉町神之川853番地2*** )は7月8日付、鹿児島地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は約5億円。

資本金は450万円。

同社は平成7年12月に設立、業績が低迷する中、新型コロナが追い打ちとなって事業を断念、今回倒産の事態となった。

なお、事業は別会社が継承し営業を続けている。

破産管財人には、白鳥努弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年10月28日午後2時。

事件番号は令和3年(フ)第245号となっています。

 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(有)玖子貴

2

本社地

鹿児島県日置市日吉町神之川853-2

3

代表

田中猛

4

設立

1995年12月

5

資本金

450万円

6

業種

さつま揚げ製造販売会社

7

売上高

2018年9月期、約4.5億円

2020年9月期、約3億円

8

破たん

2021年7月8日

破産手続きの開始決定

9

裁判所

鹿児島地方裁判所

10

破産管財人

白鳥努弁護士(弁護士法人白鳥法律事務所)

電話:099-227-2655

11

負債額

約4.5億円

12

破綻事由

同社は、鹿児島県のソウルフード「るさつま揚げ」の製造販売会社。同社は鹿児島・福岡・東京円に出店し、業績を向上させてきたが、消費増税に伴う消費不況などから売上不振に陥り、材料の高騰、設備投資負担も重く、業績を悪化させていた。そうした中、新コロナにより、JR各駅の客が大幅減少、同社は更なる売り上げ不振に見舞われ、先行きの見通しも立たず、今回の事態に至った。

なお、関連の(株)INDEX 本社地:鹿児島県日置市)によりJR鹿児島と博多の駅店舗は引き続き営業されている。



 

[ 2021年7月21日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧