アイコン 住宅建売の「加古井建設」、「カコイハウス工業」/自己破産、倒産へ <愛知・名古屋市> 新型コロナ関連倒産

 
 

戸建住宅建売の(株)加古井建設(所在地:愛知県名古屋市守山区大谷町1***)と、関連で建築工事のカコイハウス工業(株)(同所、登記簿上所在地:愛知県名古屋市守山区菱池町16*** 同代表)は7月13日、事業停止して、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は2社合計で約9.5億円。

(株)加古井建設は、資本金が1600万円、昭和39年4月に創業、昭和48年5月法人化へ、業績が低迷する中、新型コロナが追い打ちとなって事業を断念、今回カコイハウス工業(株)とともに倒産の事態となった。

担当弁護士には森美穂弁護士(電話番号:052-202-5155)が任命されている。

 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)加古井建設

2

本社地

愛知県名古屋市守山区大谷町1-37

3

代表

加古井哲彬

 

関連会社

4

破綻企業名

カコイハウス工業(株)

5

本社地

上記同

6

代表

上記同

 

(株)加古井建設について

7

設立

1973年5月

8

資本金

1600万円

9

業種

戸建住宅販売会社

10

売上高

以前のピーク期、約19億円

2020年10月期、約6億円/赤字

 

両社共通

11

破たん

2021年7月13日

事業停止/自己破産申請の準備中

12

申請受託弁護士

森美穂弁護士(森法律事務所)

電話:052-202-5155

13

裁判所

未定

14

負債額

(株)加古井建設が約8億円

カコイハウス工業(株)が約1.5億円

15

破綻事由

同社は、住宅の建売会社、建築は傘下のカコイハウス工業(株)が担い、業績を伸ばしてきた。しかし、不動産を自社取得しての開発であり、景気に左右され、景気悪化では販売用不動産が固定化し、土地の評価も下がり、見直しから債務超過に陥る体質から抜け出せず、最近では競争も激化して採算性も悪化、今般の新コロナにより、事業環境まで悪化し、先が見通せず、今般の事態に至った。

[ 2021年7月21日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧