アイコン 北海道開発局で官製談合か 道警、強制捜査へ

報道によれば・・・

北海道開発局の士別道路事務所が去年、発注した国道の補修・設計業務の指名競争入札で、道路事務所の幹部職員らが、入札参加業者のうち札幌市内の設計コンサルタント会社が落札するよう便宜を図っていた疑いが持たれているという。

問題の入札には10社が参加、実際にこの設計コンサルタント会社が落札している。

道警は入札に不正があったと見て26日にも強制捜査に乗り出し、関わったとみられる道路事務所の幹部職員や落札した会社の関係者などを官製談合防止法違反の疑いで取り調べ、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

以上、報道より参照

 

 
 

 

開発局で官製談合か 強制捜査へ
北海道開発局の職員らが去年、国道の補修・設計業務の指名競争入札で特定の参加業者が落札するよう便宜を図っていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。道警は、26日にも官製談合防止法違反の疑いで強制捜査に乗り出す方針です。

[ 2021年7月26日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧