アイコン 水道管工事の「エム・アール・シー」/民事再生申請 <東京>

(株)エム・アール・シー(所在地:東京都江戸川区中葛西2-20-1 代表:岡部照雄)は8月31日東京地裁において民事再生法の適用を申請した。

負債総額は約12億円。

スポンサーリンク
 

スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名

(株)エム・アール・シー

2

本社地

東京都江戸川区中葛西2-20-1

3

代表

岡部照雄

4

設立

2001年5月、

5

資本金

4000万円

6

業種

水道工事、不動産賃貸

7

売上高

2017年2月期、約16億円

2020年2月期、約12億円

8

破たん

2020年8月31日、

民事再生法の適用申請

9

申請代理人

荻野聡之弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)ほか

電話:03-6864-3026

10

監督員

河野慎一郎弁護士(河野法律事務所)

電話:03-5733-6747

11

裁判所

東京地方裁判所

12

負債額

約12億円

13

破綻事由

同社は水道工事や土木工事を官庁から請けていたが、元代表が所得税法違反を生じさせ、東京都から指定停止処分、さらに元代表の会社資金の不正流用まで発覚、資金繰りを急悪化させ、今回の申請となった。

 


スクロール→

(株)エム・アール・シーの財務内容と業績 令和2年2月期/千円

流動資産

1,188,734

流動負債

1,185,278

 

 

固定負債

577,154

固定資産

622,078

自己資本

48,379

 

 

(資本金)

40,000

総資産

1,810,812

負債+資本

1,810,812

売上高

粗利益

経常利益

自己資本率

1,271,756

186,695

1,029

2.6%

・水道管工事、土木工事業

・経審での代表は遠山俊介氏となっている。

 

[ 2021年9月 1日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧