アイコン 負債20億超 バーチャル空間投資勧誘の「SERENITY」ほか3社/破産手続き開始決定 <東京>  債権者7000人

投資の(株)SERENITY(所在地:東京都中央区八丁堀3丁目*** )と(同)次世代型投資ストラクチャー(所在地:東京都千代田区丸の内1*** )、REDMJAPAN(同)(所在地:東京都新宿区四谷4丁目*** )、(株)SVP JAPAN(所在地:東京都中央区***)は8月31日付、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は4社合計で20.7億円。

(株)SERENITYは、令和2年2月に設立、業績が低迷する中、事業を断念、ほか3社と共に今回倒産の事態となった。

 
 

 

破産管財人には、関戸麦弁護士が選任されているとのこと。

事件番号は令和3年(フ)第5142号・第5143号・第5144号となっています。


スクロール→

破綻要約版

1

破綻企業名

(株)SERENITY

2

本社地

東京都中央区八丁堀3-27-5

3

代表

園田正文

4

設立

2020年2月、

5

資本金

2400万円

6

業種

バーチャルでの投資勧誘事業

7

関連会社

合同会社次世代型投資ストラクチャー

REDM JAPAN合同会社

(株)SVP JAPAN

 

4社共通

8

破たん

2021年8月31日、

破算手続きの開始決定

9

破算管財人

関戸麦弁護士(森・濱田松本法律事務所)

電話:03-5220-1800

10

裁判所

東京地方裁判所

11

負債額

(株)SERENITYは約2.5億円

合同会社次世代型投資ストラクチャーは約2億円

REDM JAPAN合同会社は約17億円

(株)SVP JAPANは僅少

合計債権者数は約7000名

12

破綻事由

同社グループはバーチャルでの不動産売買、オンラインゲーム、ネットカジノなどを投資対象として、投資家から資金を集めて事業展開していた。しかし、事業そのものが軌道に乗らず、投資家への配当や償還もできなくなり、今年7月事業を停止していた。

投資家が投資するのだから、事業として成立していたのだろう。仮想通貨のようなシステムだったのだろうか。事業そのものが理解できない。

 

[ 2021年9月 8日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧