アイコン 携帯電話販売の「フォレスト」/自己破産へ <広島市>

情報家電機器小売の(株)フォレスト(登記簿上所在地:広島県広島市中区中町7***)は9月13日、同日までに事業を停止し、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約8億円。

 
 

資本金は300万円、従業員が40名。

同社は平成25年1月に設立、新型コロナの影響もあって事業が低迷する中、トラブルもあって事業を断念、今回の措置となった。

担当弁護士には一久保直也弁護士(電話番号:082-225-7560)が任命されている。

 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)フォレスト

2

本社地

広島市中区中町7-16

3

代表

水谷知昭

4

設立

2013年1月、

5

資本金

300万円

6

業種

スマホの販売および修理/店舗展開

7

出店舗

関東関西に計14店舗

8

売上高

2019年12月期、約23億円

2012年12月期、約20億円

9

破たん

2021年9月13日、

事業停止/自己破産申請の準備中

10

代理人弁護士

一久保直也弁護士(一久保法律事務所)

電話:082-225-7560

11

裁判所

未定

12

負債額

約8億円

13

経緯

同社はスマホの販売および修理で全国へ店舗展開、主にショッピングモールに出店していた。しかし、今般の新コロナの感染拡大で、ショッピングモールの一時閉鎖や客足の減少により、売上高が減少、不採算店の撤退など行ってきたが、財務内容は撤退損などから大赤字に、今年に入り粉飾決算まで発覚し前社長解任、再建を目指したものの資金繰りに窮し、今回の事態に至った。

 

[ 2021年9月14日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧