アイコン 負債総額64億超 老人福祉事業の「サンフェニックス」/民事再生開始決定 <広島>

老人福祉事業の社会福祉法人サンフェニックス(所在地:広島県福山市瀬戸町地頭分字小立2721、代表:佐藤裕紀)は9月28日、東京地裁において再生手続き開始決定を受けた。

負債総額は約64.8億円。

スポンサーリンク
 
 

同法人は平成6年12月に設立の老人福祉施設の運営業者、設備投資により業績が低迷、資金繰りがひっ迫し自力での事業継続を断念、今回の措置となった。

民事再生の申請代理人は「みなと協和法律事務所」の縣俊介弁護士(電話番号:03-5545-8075)が、管財人は「ときわ法律事務所」の綾克己弁護士(電話番号:03-3271-5140)が選任されている。


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

社会福祉法人 サンフェニックス

2

本社地

広島県福山市瀬戸町地頭分字小立2721

3

代表

理事長:佐藤裕紀

6

設立

1994年12月、

7

出資金

 

8

業種

介護施設運営などの介護事業

特別養護老人ホーム サンフェニックス(福山市)

特別養護老人ホーム三愛園(笠岡市)

老人保健施設ナーシングホーム三愛(笠岡市)

特別養護老人ホームハートテラス中野弥生町(中野区)

9

売上高

2020年3月期、約21億円

10

破たん

2021年9月28日.

民事再生法の適用申請/開始決定

11

申請弁護士

 

 

12

管財人弁護士

綾克己弁護士(ときわ法律事務所)

電話:03-3271-5140

13

裁判所

東京地方裁判所

14

負債額

約60億円

15

破綻事由

同社は福山市の介護事業会社を佐藤裕紀氏が買収し、2019年に東京都中野区に特別養護老人ホームを開設、さらに、横須賀市で病院建設計画を進めていた。佐藤裕紀氏は東京都で佐藤裕紀公認会計士事務所を持ち、経営コンサルタント会社の代表。しかし同社は佐藤氏の関係する法人との不明朗な取引が発覚、金融機関が更なる融資を止めたため、同社は資金繰りを悪化させ、今回の申請となった。再生のためすでにスポンサーと協議中とされる。

公認会計士や弁護士にはいろいろな方がおられる。

[ 2021年10月 5日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧