アイコン サイン工事の「インテック」ほか1社/破産手続き開始決定 <福島> 負債16億円


看板製作の(株)インテック(所在地:福島県郡山市待池台1丁目*** )と(株)グレード(所在地:福島県郡山市待池台1丁目*** )は11月1日付、福島地裁所郡山支部において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は2社合計で約16億円。

スポンサーリンク
 
 

 

破産管財人には、足立龍太弁護士が選任されているとのこと。

財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和4年2月9日午前10時。

事件番号は令和3年(フ)第123号・第124号となっています。

 


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

()インテック

2

本社地

福島県郡山市待池台1-39

3

代表

菊地康之

4

 関連会社

()グレード(同所、代表同/ソーラー事業等)

5

設立

1994年2月、

6

資本金

1000万円

7

業種

屋外の看板=サインの制作・施工

8

東京支店

東京都品川区南大井6-1-11

9

売上高

2018年1月期、約10億円

2021年1月期、約7億円、

10

破たん

2021年11月1日、

破産手続きの開始決定(2者とも)

11

破産管財人

足立龍太弁護士(足立龍太法律事務所)

電話:024-954-9407

12

裁判所

福島地裁郡山支部

13

負債額

(株)インテックが約11億円

()グレードが約5億円

14

破綻事由

同社は屋外看板の製作、設置会社。大手内装会社などから受注し、10億円を越える売上高を計上していた。しかし、福島県が雇用創出0の太陽光発電のメッカとなり、同社は()グレードに太陽光発電事業に参入させ、運転資金の貸付を行ってきていた。(株)グレードは不動産賃貸からホテル経営や太陽光発電事業に乗り出し、2019年7月期には約15億円の売上高を計上するにいたっていた。しかし、両社は急な事業拡大に資金が追いつかず、資金繰りも多忙状態に、差し押さえを受け、信用不安にも陥り、金融機関もこれ以上支援融資してくれず、今回の事態に至った。

 

[ 2021年11月12日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧