アイコン ゴルフ場運営の「高松グランドカントリー」/民事再生申請 <香川> 新型コロナ関連倒産


ゴルフ場運営の高松グランドカントリー(株)(所在地:香川県木田郡三木町朝倉2227-3 代表:豊永優氏ほか1名)は11月24日、高松地裁において民事再生法の適用を申請した。

負債総額は約47億円。

資本金は9500万円。

スポンサーリンク
 
 

同社は昭和47年3月に設立、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあって自力での事業継続を断念、今回の事態となった。

ゴルフ場の営業は継続しているという。

申請代理人は、籠池宗平弁護士(電話番号:0877-23-2620)ほかが任命されている。


 


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

高松グランドカントリー(株)

2

本社地

香川県木田郡三木町朝倉2227-3

3

代表

川上純一

4

設立

1972年3月、

5

資本金

9500万円

6

業種

18Hの「高松グランドカントリークラブ」の運営会社

7

売上高

以前のピーク期、約11億円

最近は3~4億円台

8

破綻

2021年11月24日、

民事再生法の適用申請/弁済禁止の保全処分および監督命令

9

申請代理人

籠池宗平弁護士(籠池法律事務所)

電話:0877-23-2620

10

監督員

滝口耕司弁護士(滝口・上枝法律事務所)

電話:087-821-7801

11

裁判所

高松地方裁判所

12

負債額

約46億円

13

破綻事由

同社は、瀬戸内海を望む県内屈指の名門コースである「高松グランドカントリークラブ」を運営している会社。不景気が続き、少子高齢化もありゴルフ人口の減少が続き、売上高が減少し続ける中、高齢者の退会よる預託金返還請求も相次ぎ、預託金を返還するのは困難となっていた。また、昨年からは新コロナで来場者も減少して、今回の民事再生の申請となった。

なお、民事再生申請であり、当ゴルフ場は継続して営業されている。

[ 2021年11月26日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧