アイコン 給排水・衛生工事の「丸勝設備工業」/自己破産へ <神奈川> 新型コロナ関連倒産


給排水・衛生工事の(株)丸勝設備工業(所在地:神奈川県横浜市南区六ツ川***)は11月24日、同日までに事業を停止し、破産申請に向けた事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約2億円。

スポンサーリンク
 
 

資本金は1000万円。

同社は平成5年6月に設立、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあって事業を断念、今回倒産の事態となった。

担当弁護士には弁護士法人YMPの政平亨史弁護士(電話番号:03-6260-6405)が任命されている。

 


スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

(株)丸勝設備工業

2

本社地

神奈川県横浜市南区六ツ川3-73-1

3

代表

島尻博

4

資本金

1000万円

5

設立

1993年6月、

6

業種

配管工事、メンテナンス

7

売上高

以前のピーク期、約4億円

2020年5月期、約2.5億円

9

破たん

2021年11月24日、

事業停止/自己破産申請の準備中

10

委任弁護士

政平亨史弁護士(弁護士法人YMP

電話:03-6260-6405

11

裁判所

未定

12

負債額

約2億円

13

破綻事由

同社は給排水の配管工事業者。マンションや施設の改修工事や設備のメンテナンスを請け負っていた。労務費や外注費、資材などが高騰し採算性を悪化させる中、今般の新コロナ惨禍により受注が減少し、資金繰りも悪化させ、今回の事態に至った。

[ 2021年11月25日 ]
スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧