アイコン 商業施設運営の(株)キャトル宮古(岩手)/事業停止、弁護士一任 新型コロナ関連倒産


負債総額は約2.5億円。

以下要約。

スポンサーリンク

スクロール→

破綻 要約版  JC-NET

1

破綻企業名

(株)キャトル宮古

2

本社地

岩手県宮古市栄町3-35

3

代表

茂内博彦

4

設立

2003年2月、

5

資本金

2840万円

6

業種

商業施設「キャトル宮古」運営会社

7

売上高

以前のピーク期、約2.6億円

2021年3月期、約2.0億円

8

破綻

2021年12月24日、

事業停止/弁護士一任

9

委託弁護士

松本良啓弁護士(松本法律事務所)

電話:0193-77-4660

10

裁判所

未定

11

負債額

約2.5億円

12

破綻事由

同社は2002年に閉店した「宮古サティ」(元ニチイ系)を引き継ぎ目的で地元有志が出資して設立された会社。改装後「キャトル宮古」として蘇らせ、スーパーや衣料品店などがテナント入居していた。売上高はテナント料など2.5億円前後を計上していたが、最近はテナントの撤退が相次ぎ、同社が直営店を出店し穴埋めしていた。そうしたことから、売上高は維持されたものの、直営店の販売不振などから業績は悪化していた。

そうした中、新コロナ事態が発生、一時休業や時短営業を余儀なくされ、今8月には館内でクラスターまで発生、9月にはキーテナントのスーパーが撤退、同社は建物の老朽化もあり、事業継続を断念し、今回の事態に至った。

 

[ 2021年12月30日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧