アイコン HDD用バネで価格カルテル談合 日本発条とTDK 課徴金11億円

公取委は9日、ハードディスクドライブ(HDD)用サスペンションの製造販売業者に対し、独占禁止法の規定に基づき排除措置命令及び課徴金納付命令を行った。

(1)日本発條と同社子会社のナット・ペリフェラル(香港)・カンパニー・リミテッド(NAT)及びTDKは,平成19年8月31日から平成21年1月28日までの間,営業責任者による会合を複数回にわたり開催し,サスペンションの販売分野において,共同して,国外のサスペンション製造販売業者に対抗し,日本発條及びNATの2社,TDK,TDKの子会社であるエスエーイー・マグネティクス(香港)・リミテッド(SAE)及びマグネコンプ・プレシジョン・テクノロジー・パブリック・カンパニー・リミテッド(MPT)の3社が、それぞれの市場シェア及び利益を確保するため,相互に協調し,サスペンションの販売価格を維持する旨の認識を相互に確認した。

スポンサード リンク

(2) TDKは,SAE及びMPTに対し,(1)の認識を伝達し,サスペンションの販売分野において日本発條2社と協調するよう指示した。

(3) 別表記載の5社は,(1)の確認を行った以降,我が国のHDD製造販売業者向けサスペンションの販売分野における市場シェアを拡大するために協力するとともに,HDD製造販売業者に対するサスペンションの販売価格,市場シェア等について情報交換を行っていたところ,遅くとも平成25年4月頃以降,我が国のHDD製造販売業者向けのサスペンションについて,日本発條2社とTDK3社がそれぞれの市場シェア及び利益を確保するため,相互に協調し,販売価格を維持する旨を合意していた。
(4) 別表記載の5社は,(3)の合意をすることにより,公共の利益に反して,我が国におけるサスペンションの販売分野における競争を実質的に制限していた。

以上、

追加して納入の大きな中国で問題になる可能性がある。

 

カルテル加担業者
 
 
課徴金
日本発条
 
 
71,422
ナット・ペリフエラル
日発子会社
香港
36,194
TDK
 
 
×
エスエーイー・マグネティクス
TDK子会社
香港
×
マグネコンプ・プレンジョン・テクノロジー
TDK子会社
タイ
×
単位:万円

スポンサード リンク
[ 2018年2月10日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ