アイコン Airbnb仲介の違法民泊 隠しカメラ設置で福岡の不動産会社役員を書類送検

 

 

韓国で大騒動となった福岡の民泊の隠しカメラ事件とオーナーの強姦未遂事件、いずれもエアビーがボロ儲けするために違法民泊業者を仲介斡旋して発生している。
そうしたハゲタカの民泊仲介業者に何ら制裁もしない美しい日本の政府当局という関係にある。

福岡県警は4日、無許可で民泊を営業した上、客を盗撮したとして、福岡市早良区の不動産会社役員の男(48)を旅館業法違反(無許可営業)、軽犯罪法違反の両容疑で福岡地検に書類送検した。

スポンサード リンク

発表によると、男は2016年8月~17年6月、福岡市の許可を受けずに同市博多区のマンションで民泊を営業し、同月27~28日に宿泊した韓国人旅行客の男女2人を、寝室の天井に設置したカメラで盗撮した疑い。
マンションは自身の所有で、「空き室対策で始めたが届け出なかった。カメラは防犯目的で付けたが、のぞきをしたくなりベッドの方に向きを変えた」と容疑を認めているという。

2人が火災警報器に模した隠しカメラに気付いて在福岡韓国総領事館に通報。同総領事館を通じて博多署に被害届を提出していた。
男は大手民泊仲介サイトに物件を掲載し、訪日韓国人らを1泊5000~7000円で宿泊させ、約50組から計91万円の収入を得ていたという。
以上、報道参照

日本のメディアはネット民泊仲介業者エアアンドビーの紹介案件とどうして発表しないのだろうか。マスメディアまでお題目だけの美しい日本のようだ。
昨年の2つの事件で、韓国外相は、HPで日本旅行でエアアンドビーを利用しないように注意喚起していた。また、もしも利用する場合は宿泊先が許可・認可を受けているかどうか確認するよう呼びかけていた。

スポンサード リンク
[ 2018年4月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ