アイコン 米、合成大麻の合成カンナビノイドで56人激しい出血 2人死亡 偽大麻

 

 

アメリカでは大麻が販売されている州もあり、偽大麻の合成カンナビノイドはコンビニや通販サイトでも販売されているという。

米イリノイ州で、合成カンナビノイドの使用に関連して56人が激しい出血の症状に見舞われ、うち2人が死亡した。同州公衆衛生局が2日に発表した。
合成カンナビノイドは「スパイス」「K2」「偽大麻」とも呼ばれる合成大麻。

イリノイ州の発表によると、患者は全員が吐血、血尿、鼻血、歯肉出血などの症状で入院を要し、9人は殺鼠剤の陽性反応が出たという。

スポンサード リンク

患者はシカゴ市全域とイリノイ州中部で確認されており、州当局は米疾病対策センター(CDC)や各自治体と連携して、患者の症例に共通する合成カンナビノイド製品の特定を急ぐとともに、入手経路の解明を進めている。

当局によれば、シカゴで合成カンナビノイドに関連した死者が出たのは初めて。症例数は今も増え続けていて、死者がさらに増える恐れもある。

薬品が汚染された原因は現時点で分かっていない。汚染された製品がどこでどの程度流通しているのかも不明。
当局は、合成カンナビノイドを使わないよう強く警告し、合成カンナビノイドで反応が出た場合は直ちに救急車を呼ぶよう呼びかけている。

合成カンナビノイドはコンビニやガソリンスタンド、薬局などで販売されているほか、通販サイトでも入手できる。
米国では過去にも、合成大麻の過剰使用で健康被害が相次ぐ問題が繰り返されている。
以上、CNN報道参照

米国では、癌などの痛み止めに特別に用いられるオピオイド(原料は麻薬のアヘン/常習性あり) を製造する「インシス・セラピューティクス」社が、医師に働きかけ、オピオイドを一般の鎮痛剤として提供させ、1000万人の患者に提供、うち、200万人がオピオイド中毒となり、死者も多発、米トランプ大統領も一般の痛み止めとしての使用の禁止を呼び掛けた。しかし、中毒患者になった人たちの多くは、オピオイドが手に入らなくなり、さらに粗悪なドラッグや麻薬に手を染めているという。
上場企業で医薬品メーカーの「インシス・セラピューティクス」社は、こうした手法で急成長させていたが、代表が当然逮捕された。しかし、処方した医師たちに対しては何もお咎めがなかったようだ。
オピオイド中毒患者が合成カンナビノイドに手を出していた可能性は大。
 

スポンサード リンク
[ 2018年4月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ