アイコン トランプの不倫相手は史上最も有名なポルノスターに ストーミー・ダニエルズ

 

 

米ポルノ女優のストーミー・ダニエルズは、トランプ大統領との不倫関係を公表した理由は金ではないと主張してきた。それでも、彼女がその気になれば、この不倫疑惑から多額の収入を得られる状況にあるのは間違いない。

メラニア夫人が妊娠中の2006年、トランプとの不倫疑惑や、彼の私的弁護士から13万ドル(約1400万円)の口止め料を受け取っていたことが判明した1月以降、ダニエルズは誰もが知る有名人となり、提示される報酬の相場もそれに見合うものになっている。

ポルノ業界専門メディア「XBIZ」の発行人、アレック・ヘルミーは「ストーミーは実質的に、史上最も有名なポルノスターになった。これほどの名声を手にすれば、思いもよらない機会が次々と訪れる」と指摘する。

ダニエルズは、以前より好条件のアダルトビデオ(AV)監督契約を新たに結んだほか、ストリップクラブなどをめぐるツアーを精力的に行っており、興行数は3倍、出演料は倍以上に膨らんでいる。

フォーブスが業界関係者への取材に基づき行った推定によると、スキャンダル発覚前には10万~30万ドル(約1100万~3200万円)ほどだったとみられるダニエルズの年収は今年、最低でも倍増する見通しだという。
以上、フォーブス参照

スポンサード リンク

中とって2000万円の稼ぎがあるポルノ女優、生活に困らず、1400万円での口止め料は安いと見たのだろう。これまで数々のTV番組に出演して、トランプとの不倫を告白している。
ダニエルズは、「60ミニッツ」という人気TV番組に出演、トランプとの関係を詳細に告白している。
(2009年、ダニエルズはポルノ女優を辞め、ルイジアナ州の議員選挙に立候補しようとした経緯がある。議員になる野望も見え隠れする)

ダニエルズは、その合意書に、トランプ自身が署名していないこと、さらに口を閉じろという脅迫まで受けたことをあげ、トランプとトランプの顧問弁護士に対し訴訟を起こしている。

当のトランプはダニエルズをまったく知らないと完全無視しているが、トランプの顧問弁護士が4月9日、FBIから家宅捜査(13万ドルの出所)を受けたことから、「完全な魔女狩りだ」とFBIを非難するコメントをツイッターに投稿している。

FBI長官は、トランプ大統領が2017年5月、ロシアゲート事件の捜査をしていたことから首にしたコーミー長官から、自らが指名したクリストファー・レイ氏が長官になっている。しかし、ロシアゲート事件解明のモラー特別検察官(司法省任命)の要請によるものとされ、レイ長官も断れなかったようだ。
トランプはレイ長官を再び首にするのだろうか。それともモラー特別検察官を首にするのだろうか。
・・・だんだん自らの首を絞めているようだ。
モラー特別検察官を首にすれば、民主党は、即刻、議会で特別捜査官を任命して捜査を継続して行うと宣言している。
11月の中間選挙まで7ヶ月を切っている。
・・・私はコレで辞めました。

<↓爆弾告白のポルノ女優ストーミー・ダニエルズ>
0411_02.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2018年4月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ