アイコン インドネシア 密造酒で90人死亡 非常事態宣言

 

 

インドネシア当局は10日、密造酒を飲んで死亡した人の数がさらに増加し、少なくとも90人に上ることを明らかにした。
被害はここ数年で最悪規模にまで拡大し、一部地域では非常事態が宣言された。
世界最多のイスラム教徒人口を抱える同国の各地で、警察は有害な自家製酒を販売していた業者らを逮捕すべく強制捜査を行う一方、被害者数がさらに増加する恐れがあると警告している。

当局は10日、首都ジャカルタおよびバンドン市がある西ジャワ州、さらに同国最東部のパプア州で、少なくとも90人がここ2週間で死亡したと発表した。数十人が有毒な酒を飲んで病院に搬送され、深刻な容体にあるという。

10日時点で少なくとも9人が逮捕されたものの、当局は現在も密造酒を流通させた業者らを捜索している。

スポンサード リンク

密造酒は通常、露天商らが隠れて販売しているが、露天商自らが混ぜ合わせて、有害な酒を密造していることもある。
 警察によれば、容疑者の一人は、蚊よけ剤に純アルコール、せき止め薬を自家製酒に混ぜていたことを認めた。

 また、別に逮捕された業者は、純アルコールにコカ・コーラや栄養ドリンクを混ぜたと供述したという。
 多数の死者が出たことを受け、首都ジャカルタの東に位置する主要都市バンドンとその周辺地域では10日、非常事態が宣言した。

インドネシアは世界最大のイスラム国であるが、政治は柔軟、イスラム社会では禁止されている酒も販売されている。しかし、税金が高く、酒が高価なため、安価な密造酒が蔓延している。
インドネシア新幹線は、ジャカルタからバンドンまで、まるで密造酒街道を走る中国新幹線のようだ。

スポンサード リンク
[ 2018年4月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ