アイコン グーグル年内に完全自動運転車による配車サービス開始 ウエイモで

 

 

グーグルのグループ会社「ウェイモ」のジョン・クラフチックCEOは8日、運転手がいない完全自動運転の車に一般客を乗せる配車サービスを、年内に西部アリゾナ州で始めると発表した。
クラフチックCEOは「年内にアリゾナ州フェニックスで完全自動運転の車を使ったサービスを開始する。誰もがアプリを使って呼ぶことができるようになる」と述べている。

ウェイモは、昨年11月から完全自動運転によるミニバンの試験走行を行ってきた。完全自動運転でのサービスについて、ウェイモはデータを解析する人工知能の技術などが向上した結果だとしていて、一般客を対象としたサービスは全米で初めてとなる。

アメリカでは今年3月に、アリゾナ州で配車大手のウーバーの車が、自動運転で試験走行中に歩行者をはねて死亡させる事故が起きたことなどから安全対策に注目が集まっているが、完全自動運転によるサービスの開始が間近に迫っている。

スポンサード リンク

グーグルでも事故っている。
衝突事故はアリゾナ州のフェニックス郊外のチャンドラーで発生。大通りを走行中だった車が交差点に進入してきた車を避けようと急ハンドルを切ったところ、反対車線にいたウェイモの自動運転車に突っ込んだとされている。
人が乗っていても避けきれないか、ぶつかる箇所を選択するくらいしかできないだろうが。

その事故のあったアリゾナ州が許可するようだから、人でも避け切れないお貰い事故と判断しているようだ。
今後は、事故を繰り返しながら技術開発が進化するのは古今東西変わらない。
タクシーに運転手が要らなくなる日も近いようだ。

運転手コストがウェイモやウーバーのような配車サービス企業にまるまる入り込むようになる。近い将来、既存のタクシー会社もなくなる。
グーグルは、その自動運転技術のシステムを自動車会社に販売する計画。
 

スポンサード リンク
[ 2018年5月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ