アイコン ガンホーパズドラ 虚偽告知宣伝 5020万円の課徴金 13体が実は2体だけ

 

 

消費者庁は28日、スマホ向け人気ゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の宣伝が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、運営するガンホー・オンライン・エンターテイメントに対し、5020万円の課徴金納付を命じた。

発表によると、同社は2016年11月~2017年2月、ネット配信の生放送番組で、パズドラ内の期間限定の有料電子くじ「ガチャ」によって入手できるキャラクター13体全てが、より強く育つ能力があると宣伝。だが、実際に強くなるのは2体だけだったというイカサマを行っていた。

以上、

スポンサード リンク

課徴金で済む問題ではなく、詐欺の刑事事件だろう。どうして摘発されない。

0329_07.jpg
パズドラ速報

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ